RubyWorld Conference 2012 レポート - 自治体の大規模システムをRubyによるアジャイル開発で構築:ITpro


RubyWorld Conference 2012 レポート - 自治体の大規模システムをRubyによるアジャイル開発で構築:ITpro

RubyWorld Conference 2012 レポート - 自治体の大規模システムをRubyによるアジャイル開発で構築:ITpro

プログラミング言語Rubyに関する国際会議「RubyWorld Conference」が島根県松江市で2012年11月8日と9日、開催された。同会議は、島根県や松江市の産官学が組織し、Rubyの作者であるまつもとゆきひろ氏が実行委員長を務めるRubyWorld Conference実行委員会が主催、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が共催した。2日間でのべ949人が参加、Rubyの採用事例や...

はてなブックマーク - RubyWorld Conference 2012 レポート - 自治体の大規模システムをRubyによるアジャイル開発で構築:ITpro はてなブックマークに追加

カテゴリー:コンピュータ・IT
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20121226/446942/



トラックバックURL

コメントする

名前: